かりあどぷらねっと

思ったこととか感じたこととか何か書きます

iOSDC Japan 2019でコードカバレッジについて話します

ごきげんよう、かりあどです。

9/5~7にiOSDC Japan 2019が開催されますね。 今回はその事前ブログとなります。 事前ブログを書くとプレゼントも貰えるそうです。

iosdc.jp

事前ブログキャンペーン、今年も実施です – iOSDC Japan スタッフブログ

今年はスピーカーとして参加します

今回私はスピーカーとして以下の内容でトークをします。

fortee.jp

こうした大きいカンファレンスでトークをするのは初めてなので今から緊張しています。

時間はday1(9/6)の13:30~からTrack Bです。 ランチ直後ということもあり、食後のデザートがわりに気軽に聴きに来ていただければと思います。

謝罪

スピーカーディナーにて予告動画を撮影し、公開もされているのですが、そこで話したことに適当なこと言ってしまったなというところがありました。 動画は上記のプロポーザルのページからみることができます。

予告動画では、調子に乗って「業務には全く役に立ちません」なんてことを言っていましたが、実際にスライドを作ってみたら少しは業務にも参考や役立てそうな内容になりました。

全ての人の参考や役に立つ、というわけではありませんがコードカバレッジを普段から意識している、測っているという方には何かしら参考になるところはあるのではないかと思います。

方向性が少しだけ変わったというだけで話す内容は変わりません。どちらかというと元から予定していた内容に業務でも役立ちそうなことが追加されたぐらいの感覚です。

トークについて

XcodeならびにSwiftのコードカバレッジについて話します。 コードカバレッジをどう使うべきかという話ではなく、普段私たちがみているコードカバレッジは何カバレッジなのかと言った仕組み的な話しになります。 今回調べてみて今まで当たり前のようにコードカバレッジを取っていたけど、実はこうなっていたんだみたいなことがわかり発表準備をしている最中もとても面白かったです。

また、発表準備をしていく中でLLVM IRを読むことがあったのですが、頭に残りすぎていたのか、夢の中でもLLVM IRを読んでいました。

f:id:kariaduu:20190903211306p:plain ↑これの話をします

参加者として

1参加者としていろんなトークを聞くことや、いろんな方とお話しできることをとても楽しみにしています。 普段のコミュ障っぷりをこの期間は頑張って取り除いて積極的に話しかけに行こうと思っているので、トークを聞いてくださった方も聞いてない方もどなたでも見かけたら気軽に話しかけていただけたらと思います。

後は今年はじめぐらいからクラフトビールにハマっているのでビール楽しみです🤤

期間中、一緒に楽しみましょう! (とりあえずの目標は寝坊しないこと)